コラム:9. ミックスローンはあまり勧めない!!

ミックスローンは通常、変動金利と固定金利を組み合わせて両方のメリットを得る住宅ローンです。
しかし、これは両方のメリットを消してしまうローンとも言えます。

  また、ミックスローン独自のデメリットもあります。

   ・諸費用が増えてしまう
 これは単純に2つのローン契約を結ぶことになるため、ローン契約が2種類存在することになります。
つまり、契約が2つに分かれるため、不動産の登記(抵当権の設定)も2つ行う必要があります。
結果として、契約書の印紙代、抵当権設定費用が2倍発生することになります。
  
・最適な商品が選べない
 ミックスローンは、同じ金融機関で住宅ローンを選ぶ必要があります。
また、金融機関によっては対応が異なり、ミックスローンの対象にしていない場合もあり、
自分の希望する条件でミックスローンが組めるとは限りません。
変動金利は安いが固定金利は高いなどと言った両方のメリットを得られない場合もあります。
そのため、ミックスローンを希望するだけで、住宅ローンの選択肢が非常に狭くなります。
 
以上より、私は、基本的にミックスローンをお勧めしていません。
私がミックスローンを選択肢に入れた方が良いと言う場合は、
お子さんの進学などがあるため、子供の小さいうちは返済額を増やして良いが、
それ以降は返済額を減らしたい等と言う家庭の事情がある場合は、ミックスローンも選択肢に入れてはどうかと勧めています。