コラム:8. 変動金利を選ぶなら5年の固定金利のほうがまし

住宅ローンにネット銀行が参入しだして、選択肢が非常に多くなりました。
その結果、競争が激しくなっており利用する側としては良い環境になっていると言えます。
特に当初5年固定金利は変動金利よりも低い金利で提供している事も多く、変動金利より魅力的に見える場合があります。
 
まず、当初〇年固定金利は、変動金利と全期間固定金利で迷っている人が選ぶものではありません。
一般的に、固定期間終了後の金利は高くなる傾向にあるため、
固定期間だけは子育て等の家庭の事情で返済額を抑えたい人が利用する金利タイプだと考えてください。
 
では、変動金利か当初〇年固定金利で悩んでいる場合、
当初〇年間固定金利は変動金利よりも金利が低いのでしょうか?
そしてその金利差で安くなる利息は借換をするための諸経費を引いたとしても十分メリットがある利息差でしょうか?
メリットがなければ変動金利をお勧めします。
 
変動金利より安い当初5年間固定金利の住宅ローンを固定期間終了後に借り換えると言うのを繰り返した方が結果として、
返済額が一番安くなるかもしれませんが、実際にどうなるかは分かりません。